Koi-fumi のスケッチブック

アクセスカウンタ

zoom RSS 水溶性鉛筆、再び! もっと活用してみたい画材の1つ

<<   作成日時 : 2013/04/19 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

pixivでの投稿「水溶性鉛筆の試し描き(眠たいジャージー)」の再録のような形ですみませんが・・・・・
そういえば元はBlogに書いてて、そしてBlogには細かい事書いてなかったので、めぐり巡ってBlogでも!
という訳で、画材ネタ関係を今日は1つ。

水溶性鉛筆

かなり前にも1度Blogに書いてました(「水溶性鉛筆」)が、結構前にたまたま画材屋さんで見かけて、「水溶性の鉛筆」(水で溶ける鉛筆。水彩色鉛筆の鉛筆版みたいなの。←いまいち説明になってない)とは面白そうだなぁと思い、衝動買いしました。
(画材屋で、衝動買い多いですね!まさに罠だ<笑)


ちなみに、簡単ですが、Twitterか何かで「水溶性鉛筆」を紹介するのに作った試し描き一覧みたいな物の写真がこちら(↓)です。
画像

私が買ったこれはDERWENT(ダーウェント)ウォーターソリュブル・スケッチングペンシルでした。
1本189円かな? (画材屋さんによって割引とかあるかもなので、多少違うかも。)
(鉛筆本体に筆のマークが入ってますね。水溶性の印。非水溶性、普通の鉛筆シリーズもあります)
・種類は「HB」「4B」「8B」の3種類しかないようです。(間に2〜3Bとかは無い)
 薄い・普通・濃いみたいな感じで解りやすいかも?
・3種類の鉛筆を塗って描いた四角と、ハッチング(手抜きクオリティ…)したの部分の左半部を水筆(写真一番上の画材)で塗り溶かしてぼかしてみました。
・右側にニョロ〜っと引いた線の下半分も同じく水筆で塗り溶かし、ぼかしてみました。
 ※一番左の細い長方形に黒く塗ってある部分は比較用に普通の鉛筆(HinuiのHB)
(8Bの下の四角く塗った部分が4Bより白っぽく見えますが、反射のせいです^^;すみません)

水溶性のためか、普通の鉛筆よりはやわらかい感じがする書き味で、銀色っぽさが少し強い感じがします。(個人的体感です)


水筆で広い面に鉛筆を塗伸ばしたり、ぼかしたりも出来るかなと思い、スケッチとかに便利そうだなぁ〜♪
……と、衝動買いした時は思った訳ですが、「水筆(水入れた筆)と鉛筆のセット」を持ち歩くより、「鉛筆と擦筆(さっぴつ)のセット」を持ち歩く方が簡単便利じゃない?と気づいてから、持て余してました

でも折角だから、もっと活用してみたいなぁと思い、考え中です。

※擦筆(さっぴつ):鉛筆で描いた部分をぼかしたりする、紙などで出来た鉛筆みたいな形の描画道具。
アマゾンのあれですみませんけど……、写真こちら↓
自分の使ってる物と同じです。自分の擦筆がちょーっと使い倒してる状態酷くて、紹介には向いてなかった……^^;




という訳で?先週の【ちょこっとお絵かきライフログ】63枚目で、思い出してサラっと使ってみたり。
画像


これ、後でアクリル用のニスみたいな感じのメディウムを全体的にかけて、そこに同じくメディウムまぜてガンガンに透明度を上げたアクリルでサラっと彩色してみる予定でいます。
かなり前に、そういう手順で面白いくらいに質感を変えた裸婦クロッキーを拝見しまして。
一度試してみたいなぁと思ってまして。

おおっと、アクリルの話に飛ぶとちょっと話題それますね。

水溶性鉛筆に戻ると・・・・ジェッソ使った画面とかに水で溶かし込んで使ったりしたら、何か面白い効果とか出来ないかなぁとか、フラリと思ったり。
また何かそんな感じのものを描いてみたら、こちらにも書いてみたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
水溶性鉛筆
久しぶりに。1枚。 ...続きを見る
Koi-fumi のスケッチブック
2013/04/19 11:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水溶性鉛筆、再び! もっと活用してみたい画材の1つ Koi-fumi のスケッチブック/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる