Koi-fumi のスケッチブック

アクセスカウンタ

zoom RSS 野外スケッチでの水入れ(ペットボトルを再利用)

<<   作成日時 : 2013/04/19 23:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

水彩には、筆洗(水入れ)!
自宅だとちょっと大きめの四角い筆洗を使っていたりしますが、野外スケッチとなると水の持ち運びと後始末は、ちょっとした課題ですね。
スケッチャーな皆さん、これには色々な工夫をしているようで。
色々な筆洗や筆洗代わりのアイテムを見かけた事がありますが、最近面白いなぁと思ったのは、グループ展でご一緒してた作家さんが、折りたたみの小さなシリコンカップ(お料理グッズ用のかな?)を筆洗にしてて、「これも持ち運び便利そう!」とか思いました。

私は、280〜350mlの小さめのペットボトルを利用しています。
中でもちょっと口の広い物を再利用して使っています。(モチロン、中身は美味しく頂きました♪)
手頃な大きさで、なかなか良い感じです。

画像


予め、家から水を入れてもっていきます。
公園などの施設では現地で水を補充できますが、場所によってはなかなか無い所もあるので。

そして使い終わった汚れ水は、そのままフタをしっかりしてお持ち帰りです。
(捨てても良いところがあれば捨てたりもしますが)

水彩スケッチの汚れ水はその辺に適当に撒いて捨てては行けません!
最近、野外スケッチが流行ってるそうですが、描く人が増えた分、マナー問題がチラホラ出てきたりもしているようで、スケッチ禁止になったりする所もあるそうな。。。。
私も、水やゴミの問題ももちろんのこと、気をつけたいものです。


野外スケッチだと、荷物とか出来るだけ軽くコンパクトにしたいので、画材や持ち物も、ちょっと一工夫みたいなポイントが沢山ありますね。
いろんな方のそういう工夫された物や用意を見たり、聞いたりするのもまた面白いものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アクリルの制作に、100円ショップのファイルケースや陶器の梅皿を
タイトルで全てを言ってるところですが(笑) 昨日のスケッチの水入れ話に続いて、今日も制作道具のネタを。 ...続きを見る
Koi-fumi のスケッチブック
2013/04/20 23:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野外スケッチでの水入れ(ペットボトルを再利用) Koi-fumi のスケッチブック/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる