Koi-fumi のスケッチブック

アクセスカウンタ

zoom RSS アクリルの制作に、100円ショップのファイルケースや陶器の梅皿を

<<   作成日時 : 2013/04/20 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

タイトルで全てを言ってるところですが(笑)
昨日のスケッチの水入れ話に続いて、今日も制作道具のネタを。

ちょっと写真の写ってる物の状態が雑多感が溢れててすみませんが、これが私のアクリル制作におけるリアルな制作道具風景の一部です(^^;

画像


アクリルは、乾燥が速い絵具で、プラスチックのパレットや絵皿を使ってると、うっかりすると絵具が固まってこびりついて片づけがなかなか大変です。
あと製作途中に出した絵具がどんどん固まっていくのが切ない。

で、パレットは密封出来るのがいいなと思って、あるときから100円ショップのA4書類が入るファルケースをパレットにしちゃいました(笑)
底にサランラップを全面にしいて、その上に充分湿らせたキッチンペーパーを敷いて、そこに絵具を出しておいてます。
混色は陶器の梅皿や小皿、キッチン用品のステンレス製の四角いバットを使ったり。
ファイルケースパレットは、必要な絵具をとったら小まめにフタしめてます。

アクリル絵具を普通に開いたパレットに置いて1日も経つと、もう乾燥して固まって使えなくなってしまいますが……
このファイルケースのだと、製作途中で中断する時に、霧吹きで水分補充してフタを閉めておけば、1日は軽々持ちますし、数日は絵具が使える状態で保存できます。
(かわりに、最初の環境によりけりかな?で、絵具やペーパーからカビが発生する事が、たま〜に………。)

陶器のお皿の場合、絵具が乾いて固まってこびりついても、水を張って数時間〜半日か1日でもおいておけば、固まった絵具がふにゃ〜っとふやけたように剥がれて浮き上がってきます。
あとはこれを割り箸とかで取って包んでポイと、片付けも簡単です。
多少残ったこびりついた絵具も、平たいナイロンタワシで割りと簡単に取れます。

そうそう、ナイロンタワシ、アクリル付いたプラスチック製のパレットや絵皿などの掃除にも便利です。
結構取れます♪ 
ただ、プラスチックの絵皿、それなりに傷にもなるかもですが。
そんな大幅にダメージ与えるほどのものでもないし、最終的に消耗品かなとも思うので、まぁいいかなぁと。


陶器の梅皿は、100円ショップの「画材コーナー」のような所にあるものではなくて、普通の陶器の食器コーナーで買いました。
画材コーナーにも梅皿あったりもするのですが、そっちだと少し小さめで。
100円ショップ、品切れや入れ替えも激しいので、いつもこれがあるとは限りませんが、探して見かけた時には時々仕入れてます。

おかげで、最近100円ショップの普通に食器用のお皿を見るたびに、ああ、この形、深さのお皿はパレットによさそうだ……という視点で良く見てます。
たぶん、間違ってる(笑)


でもって、この写真の制作環境でアクリルで何描いてるのかと言うと、HPにもあるようなこういう絵(↓)を描いてました。
画像

画像


これ、結構サイズの大きい絵です。
そんなサイズの大きい絵の制作環境がこんな感じ(↓)とか……。

画像


このキャンバス前に座って、その隣にピクニック的なビニールシートしいて、その上に最初の写真のような道具や絵具の数々が。
制作風景はなかなか雑多にカオスです(笑)

大きい絵の制作過程やその風景などは、また近いうちに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
祭り(?)の後 〜搬入終った後の製作現場ってカオスだよね〜
日付変わってますが、4日分の更新です! 昨日3日を持って30日チャンレジの連日Blog更新は終ったわけですが、今日を持って一区切りとしたいと思います。 という訳で、そんな意味も込めての「祭りの後」っと〜。 ...続きを見る
Koi-fumi のスケッチブック
2013/05/05 01:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アクリルの制作に、100円ショップのファイルケースや陶器の梅皿を Koi-fumi のスケッチブック/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる